読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くまま、思うがままに

ジャニヲタが自由気ままに書いてます。

薮宏太くんに演じてもらいたい役4選


本日2度目の更新です(笑)どうしてもこれが書きたくてうずうずしちゃって!ついつい書いちゃいました(笑)

薮くんのドラマで演じた役といえば「太陽の季節」でタッキーの小学生時代、「3年B組金八先生」で光演じるしゅうの幼馴染で3B'sのメンバー、「任侠ヘルパー」で女好きなチャラ男、「ホワイト・ラボ」で情報分析担当の捜査官があります。もし次にドラマ(しかも主演)をするならこんな役をやってほしいという願望が4つありまして。なぜ4つかというと、薮くんももう26歳でアラサーに片足を踏み入れようとしてます。だから高校生役を本当はやってほしいけどさすがにそれは無理がある。だから4つなのです。今回はその4つについて書きたいと思います!あわよくば関係各位の目にとまりますように!(笑)

①復讐心に満ちた連続殺人犯
母子家庭で女手一つで育ててくれた(ここ重要)母親を高校生のときに殺された薮くん。警察でも捜査が難航していたので、薮くんも捜査を始めると、とある集団が関わっていることを突き止め、その集団のメンバーに復讐をしていく、という物語。
これは!1〜2年の間ずっと思ってるもので。1番見てみたい薮くんのドラマNo. 1!「警察よりも捜査を進めるのは不可能だ!」なんて思わないで!私も不可能なのは知ってる!承知の上!なぜ見てみたいのかというと、とりあえず薮くんの狂気・殺意に満ちた表情が見てみたい!薮くんは何のためらいもなく人を殺しそう。そんな薮くんすらかっこいい。そして殺した後に達成感から笑顔で死体を見つめそう。狂ってる?そんな薮くんも見てみたい。

②子持ちの女性と結婚する会社員
一般企業にサラリーマンとして大卒で就職して5年の薮くん。同期の中では仕事ができて出世コースに乗って…と仕事では順風満帆。そんな彼が恋したのはよく行くカフェの1歳年下の店員さん。アプローチの末、付き合うことになりました。付き合い始めて1年記念日にプロポーズしたが「私…実は2歳の子供がいるの!」とカミングアウトされたことによって突然1児のパパになっちゃいます。子育て未経験の薮くんが2歳児に翻弄されちゃうコメディー。
ここで見たいのはやはり子育てに対して手探り状態であたふたする薮くん。うん、可愛い。仕事ができるエリートが、お家では初めての子育てに大奮闘してるこのギャップが見たいがためのエントリーです(笑)

③正義感が強い新米刑事
殺人事件が起こり、遺族の悲しみに暮れた顔を見るたびに「自分がこの遺族の方のために一刻も早く犯人逮捕をしなければならない」という責任感・正義感を強く感じて捜査に奮闘する薮くん。上司と衝突することが毎回あるが、持ち前の執念で事件解決へ導いていく、という物語。
同じ刑事ドラマでもラボのようにほとんどデスクワークではなく、実際に現場に行くという点が重要!薮くんは今の年齢的に刑事ドラマもぴったりな気がする。そして上司と衝突した時に「俺たちが解決しないで誰が解決するんですか!…俺たちの仕事は一刻も早く解決して遺族の方を安心させることですよ。」と言ってほしい…誰よりも遺族のことを考えてくれる薮くん…すき。ということでそんな薮くんを見たいがためのエントリーです。

④心に闇を抱える教師
10月という中途半端な時期に転任してきた教師の薮くん。だけど生徒と関わろうとせずにいる。そんな時に「先生、前の学校で何かあったでしょ?」と何かを見透かしているかのように声をかけてきた女子生徒A。実は前の学校で女子生徒Bと恋愛関係になったことが問題になった上にその女子生徒Bが目の前で自殺するということにまで発展し、異動になった薮くん。初めは女子生徒Aに対して冷たくあしらい距離をとっていたが、次第に互いに惹かれ合うラブストーリー。
ここで見たいのは、本当に愛していた女子生徒Bを亡くしたことによって2度と生徒を愛さない、2度と愛する人を失いたくない、という理由で教師を続ける薮くんの姿。また、目の前で亡くなった女子生徒Bの姿がフラッシュバックすることに苦悩している薮くんの憂いに満ちた表情が見たい。そして薮くんの苦悩を見抜き、薮くんの心を融かしていく女子生徒Aとの純愛も見てみたい(ただしキスシーンはNG)。とりあえず薮くんには切ない表情でこのドラマではいてほしい。


実はこのテーマで以前私のTwitterでアンケートをとってみました。その結果がこちらです。
f:id:j0403:20160316223446j:image
投票数が少ないのは分かってます…!相互フォローが40人ほどのこじんまりとしたアカウントでの調査ですので…!だからあくまで参考程度に…
話を戻します。私のアンケートでは、連続殺人犯が人気でした。もしも投票してくださった人がこれを読んだら、やってほしい役が変わるのかな?と思うとちょっと楽しみです(笑)